甘酒を飲んでダイエット?その効果は?

Sponsored Link
こんにちは。meccoです。
 
みなさん、甘酒ってどんなイメージですか?
 
初詣のときに神社などで配られていたりするので
 
お正月に飲むイメージでしょうか?
 
でも最近ではその健康効果が話題になり、
 
スーパーなどでも年中甘酒を取り扱うお店が増えたり、
 
甘酒の種類もたくさん見かけるようになってきました。
 
 
甘酒は ダイエットにも有効 だという話もあるので気になりますよね!
 
ということで調べてみました。
 
 
 
 
 

甘酒の種類

 
実は甘酒には2種類あります。
 
1つは、酒粕から作るもの
 
もう1つは、米麹から作るもの。
 
 
酒粕から作るものにはアルコールが含まれており、
 
甘味を出すのに砂糖も加えています。
 
 
一方米麹から作る甘酒は、
 
アルコールは含まれず、砂糖も加えられていません。
 
なぜ甘いのかというと、麹菌がお米のでんぷんを糖化するので甘味が出るのです。
 
 
ここで言う甘酒は、米麹から作られたものを指しますのでご注意ください!
 
 
 
 

甘酒のすごい効能

Sponsored Link
 
甘酒は「飲む点滴」と言われるほど栄養価が高く
 
優れた食品だということはご存知ですか?
 
江戸時代には夏の風物詩として人気が高く、
 
夏バテ防止に役立っていたと言われています。
 
 

疲労回復

 
甘酒の主な成分はブドウ糖で、他にもビタミンB1、B2、B6、アミノ酸やパントテン酸など、
 
身体に必要な栄養素がたくさん含まれています。
 
まさに「飲む点滴」と言われるほど疲労回復に効果的なのです。
 
 

美肌効果

 
甘酒の原料となる麹には、コウジ酸という成分が豊富に含まれています。
 
コウジ酸は、メラニンの生成を抑制し、シミやくすみを防いでくれます。
 
また、ビタミンB2も含まれていますので、皮膚を活性化してくれる働きがあり
 
美肌効果も期待できるのです。
 
 

ダイエット効果

 
甘酒には、豊富に含まれるビタミンB群が 脂肪の代謝を促進してくれます。
 
麹に含まれる食物繊維やオリゴ糖が腸内環境を整えてくれるので
 
便秘解消にも役立ちます。
 
カロリーも100gあたり81kcalと低めですが、
 
ブドウ糖が満腹中枢を刺激してくれるのでおやつがわりに飲めば
 
ダイエット効果も期待できそうですね!
 
 
 
 
 

甘酒を作ってみよう!

そんなスーパー食材の甘酒ですが、
 
買うとなかなかお高かったりするんですよね(^^;)
 
なので、自分で作っちゃいましょう!
 
スーパーのお漬物コーナーに行き、米麹をゲットすれば、
 
あとはお米と炊飯器と温度計があればできちゃいます♪
 
手順はこちら。
 
  1. 炊飯器に米1合を入れ、4合の線まで水を入れておかゆを炊く
  2. 炊けたらかき混ぜ、60℃になるまで放置
  3. ほぐした米麹を入れて混ぜる
  4. 炊飯器の保温スイッチを入れ、時々混ぜながら5~10時間放置
 放置時間は甘さを見ながら好みで調整してください。
 
米のつぶつぶが気になる人は、出来上がったあとにミキサーにかけると
 
なめらかになって飲みやすくなります。
 
時間はかかりますが、一度にたくさんできるのでコスパもいいですよ♪
 
私は1週間で飲みきれない分は冷凍保存しています。
 
 
 

飲み方の注意点

甘酒に含まれる酵素やビタミンB群は、熱に弱いので

温めて飲む場合は、50℃~60℃までにしてください!

また、1日に飲む量も、200mlくらいまでにしましょう。

小腹が空いたな、と思った時におちょこ1杯程度を飲むと

空腹感がおさまるのでおすすめです!

 

また、豆乳に混ぜたり、ヨーグルトに混ぜたり、

甘味料としての使用もおすすめですよ☆

 

まとめ

いかがでしたか?

普段なかなか飲む機会のない甘酒ですが、

健康的な生活を送るためにも、うまく取り入れていきたいですね!

 

最後までお読みいただきありがとうございました^^

Sponsored Link

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

mecco

ニックネームはmecco(メッコ)といいます。 東京都在住の30代主婦です。子供はまだいません。 甘いものが大好き! 運動も苦手。。 でも今度こそスリムなカラダを手に入れたい! まずは食事内容を見直し、健康的に痩せることを目標にしています。