チアシードの食べ方間違っていませんか?正しい方法を解説!

Sponsored Link

こんにちは!meccoです。

 

健康のため、ダイエットのためにチアシードを食べるようにしているという人も

最近では増えてきたのではないでしょうか?

今では手に入りやすくなったこともあり、気軽に食生活に取り入れられるようになったチアシード。

しかしその反面、間違った食べ方をしている人も多いんだとか!

チアシードは正しく食べないと、ダイエット効果は減少するどころか、

身体に危険なこともあるのはご存じでしょうか?

 

今日はチアシードの正しい食べ方について書いていきます!

 

チアシードってなに?

 

そもそもチアシードってどんな食べ物なのでしょうか?

まずはそこから見ていきましょう!

ご存知の方は飛ばしてくださいね~

 

実は歴史ある食べ物

数年前に海外セレブが愛用していることで人気に火がついたチアシードですが、

実は古くから食べられているものだったんです。

チアシードとは、「チア」という植物の種(シード)のこと。

チアはシソ科の植物。小さな青い花がかわいいですよね♪

出典:http://www.yomiuri.co.jp

チアはメキシコ中南部からグアテマラが原産で、

紀元前3500年ごろからアステカ族やマヤ族の人々が貴重な栄養源として食べていたようで、

「生命維持には、水とチアシードがあれば十分」

と言われるほど、昔からスーパーフードとして人々に親しまれていたんです!

 

チアシードにはブラックとホワイトの2種類がある

出典:https://www.reviews-tower.jp

チアシードにはブラックチアシードと、ホワイトチアシード(サルバチアシード)の2種類があります。

みなさんイメージするのはブラックの方ではないでしょうか?

水で戻すとカエルの卵のような見た目のアレです笑

 

従来食べられているチアシードはブラックチアシードですが、

ブラックチアシードの中にも白や茶色のチアシードが混ざっていることがあります。

この白いチアシードはブラックチアシードと栄養面や膨張率が違うことがわかり、

品種改良の末、白いものだけが取れるようになったのが「ホワイトチアシード」なんです。

 

ダイエットにはホワイトチアシードがおすすめ

ブラックとホワイトの違いですが、大きな違いは水で戻した時の膨張率です。

チアシードは水分を含むと、表面がゼリー状に覆われ膨張します。

この成分は、こんにゃくなどで知られるグルコマンナンと呼ばれる食物繊維です。

水分を含ませると、ブラックチアシードは約10倍ですが、ホワイトチアシードは約14倍に膨らみます!

同じ量でもホワイトの方が腹持ちや満腹感を感じることができますね。

 

栄養面でも、オメガ3脂肪酸と食物繊維がホワイトチアシードの方が多いので

ダイエットにはこちらがおすすめです!

値段はどちらもさほど変わらないようなので、ホワイトを選びましょう。

見た目もカエルの卵感が少し和らぎますしね笑

 

 

なぜチアシードがダイエットに効果的なの?

Sponsored Link

ではなぜチアシードがダイエットに効果的なんでしょうか?

その理由を見ていきましょう。

 

満腹感がある!

チアシードは水で戻して食べるのが基本です。

先程も述べましたが、水で戻すと約10~14倍にもなるので少量でも満腹感を得られるのです。

飲み物に混ぜるとしばらくお腹が空かないので、置き換えダイエットにも有効ですね!

 
 

便秘解消

チアシードに水分を吸わせると、グルコマンナンという食物繊維が表面を覆うのは先程も述べた通りですが、

このグルコマンナンはお腹の中でふくらみ、腸内に残っている便を絡めとって排出する働きがあります。

ですので便秘解消に役立ってくれるのです!

 

オメガ3脂肪酸を含んでいる

チアシードにはオメガ3脂肪酸が含まれていますが、

オメガ3脂肪酸はコレステロール値を下げたり、血流を良くしたりすることで

脂肪燃焼効果を高めてくれます!

オメガ3脂肪酸は体内では作ることができないので、

食べ物から摂取することが必要なのです。

 

参考:オメガ3脂肪酸をとると痩せる?どんな食材に含まれているの?

 

 

チアシードの正しい食べ方は?

 

では、本題のチアシードの正しい食べ方について説明します!

 

チアシードをそのまま食べてはダメ!

チアシードは生のままだと発芽毒があります。

毒と聞くと怖くなりますよね。。

玄米や種子には、必要な栄養分を外に逃がさないようにするため、

あえて発芽を抑制する働きがあるそうで、その時にアブシジン酸というものが発生します。

これが人間の体には悪影響を及ぼすんです。

例をあげると・・・

肥満 糖尿病 がん アレルギー 免疫力低下 慢性疲労 冷え性など

これじゃダイエットどころではないですよね(*_*)

 

必ず水でしっかり戻そう

しかし安心してください!

この発芽毒は、水で戻すだけで無毒化できるのです!

でも正しいやり方で行わないと無毒化できないので注意してください。

それは、

 

チアシードの10倍の量の常温の水で最低12時間浸すこと

 
チアシードの1日の摂取量は大さじ1ほどなので、水の量は150ccです。
 

早く戻したいからといって、お湯を使うのはNGです!

オメガ3脂肪酸は熱に弱いので、栄養成分が壊れてしまいます。

戻したあとも、ホットドリンクや温かいスープなどに入れてしまわないように気を付けてください。

 

「常温の水」というのもポイントなので、冷蔵庫に入れて10℃以下にしてしまわないようにしましょう。

そして時間ですが、必ず12時間は浸すようにしてください。

見た目が十分ゼリー状になっていても、無毒化するには12時間以上の浸水が必要です!

 
これをきちんと守ることで、チアシードを無毒化できます。
 
 

また、戻した後のチアシードは、冷蔵庫で1週間ほどは保存可能ですので

まとめて作っておくのもいいですね!

もしくは、夜のうちに水に浸けば翌朝には食べられるので

毎日夜に水に浸すことを習慣にすると良いでしょう。

出典:http://www.skincare-univ.com

 

まとめ

 

実は私も以前、ダイエット効果を期待してチアシードを食べていたことがあるのですが

その時はヨーグルトに入れて20~30分ぐらい経ったらもう食べてしまってました(^_^;)

きっと無毒化できていなかったでしょうね。。

そのせいか、効果をあまり感じることもなく食べるのをやめてしまいましたが、

今度は水できちんと戻したチアシードをヨーグルトにかけるという方法で

またやってみようかなと思いました。

 

 

チアシードをこれから食べるみなさんも

10倍量の常温の水で12時間浸す

これを守ってやってみてください☆

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました^^

Sponsored Link

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

mecco

ニックネームはmecco(メッコ)といいます。 東京都在住の30代主婦です。子供はまだいません。 甘いものが大好き! 運動も苦手。。 でも今度こそスリムなカラダを手に入れたい! まずは食事内容を見直し、健康的に痩せることを目標にしています。