生姜を食べて痩せ体質に変身しよう!

Sponsored Link

こんにちは。meccoです。

寒い季節になると、身体が芯から冷えてツライですよね。

そんなとき、身体を内側から温める食材として思いつくのは

生姜(しょうが)ではないでしょうか?

そんな生姜には、ダイエット効果もあるということなので

どういうことなのか調べてみました!

 
 
 
 
 

生姜に含まれるダイエットに効果的な成分とは?

 

生姜の辛さの主成分である、ジンゲロールショウガオール

この2つの成分がダイエットに効果的とのことなので

それぞれ詳しくみてみましょう!

 

ジンゲロールの効能

ジンゲロールとは、生の状態の生姜に多く含まれる成分です。

その効能は、

頭痛や吐き気を抑える、殺菌作用、解熱作用、免疫力を高める、血流をよくする

などがあげられます。

特に血流に関しては、身体の末端部分の細い血管まで拡張させ、

血液を十分に送ることができるので冷え性の方には効果的です。

しかし、身体の内側から熱を末端部分に運ぶので、

逆に身体を冷やしてしまうこともあります。

 
 

ショウガオールの効能

対して、ジンゲロールを加熱させたり乾燥させたりすると

変化するのがショウガオールという成分です。

こちらもジンゲロールと同様、血流をよくする効果はありますが

身体を温めるにはショウガオールの方が適していると言われています。

なぜなら、ショウガオールは胃を刺激し、活発に動くようにする効果があります。

その運動によって熱を生み出すので、身体の内側から温めることができるのです。

また、ショウガオールには体内の脂肪や糖質を燃焼してくれる働きもあるそうです!

 
 
 

ダイエット目的なら生姜は加熱しよう

Sponsored Link

 

上に書いたように、加熱後に多く含まれるショウガオールをとる方が

身体を温める効果や、脂肪燃焼効果など、ダイエットには適しているようです!

風邪のひきはじめの時などは、ジンゲロールの作用が有効なので

生のまま生姜をとるといいでしょう。

 

温かい飲み物に入れる

よく聞くのは生姜紅茶ですね!

すりおろした生姜を温かい紅茶に入れていただきます。

その他にも、生姜湯にはちみつをプラスしてもおいしいですね♪

 
 

料理に入れる

飲み物だけではなく、料理にも積極的に生姜を取り入れてみましょう。

豚の生姜焼きだけではなく、煮物なんかにも生姜はよく使われていますよね!

インターネットで「生姜 レシピ」と入れて検索するとたくさん出てきます。

味噌汁にすりおろした生姜を入れる、というのもお手軽でおいしいですよ。

 

摂りすぎには注意!

いくら身体に良い効果があるといっても、摂りすぎには注意してください。

胃腸を刺激しすぎて腹痛や下痢になったりする恐れがあるので

一日10g程度にしておきましょう。

 
 
 
 

運動の前に飲むとさらに効果的!

 

生姜湯を飲んでからウォーキングなどの有酸素運動をすると

新陳代謝が高まり、さらに脂肪が燃焼しやすくなるそうです!

ウォーキングする時間がないという人も、

朝出掛ける前に生姜入りドリンクを飲むようにするだけでも

効果があがるので、やってみてくださいね。

 
 

まとめ

 

いかがでしたか?

ダイエット中の人は、生姜を使った料理を意識的に増やしてみたり、

生姜入りドリンクを飲む習慣を生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?

ちなみに、チューブの生姜は保存料などが入っているので、

できれば生のものを使った方がいいようです。

 
 

最後までお読みいただきありがとうございました^^

Sponsored Link

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

mecco

ニックネームはmecco(メッコ)といいます。 東京都在住の30代主婦です。子供はまだいません。 甘いものが大好き! 運動も苦手。。 でも今度こそスリムなカラダを手に入れたい! まずは食事内容を見直し、健康的に痩せることを目標にしています。