ヒートショックプロテイン(HSP)入浴の方法は?注意点とダイエットの効果は?

Sponsored Link

こんにちは!meccoです。

ヒートショックプロテインという言葉、みなさんご存知でしょうか?

あまり聞き慣れないものだと思いますが

ヘアケア商品のCMで耳にしたことはあるかもしれませんね!

「ドライヤーの熱を利用して髪を補修~」みたいなやつです。

実はこのヒートショックプロテイン、身体にとってとても大切なもので、

入浴法によって増やすことができるんです!

簡単な方法ですので、ぜひ最後まで読んでみてください^^

 

ヒートショックプロテインってなに?

 

ヒートショックプロテイン(HSP)とは、

傷んだ細胞を補修する働きをもつタンパク質のこと。

熱などのストレス条件が加わると細胞を守ろうとして増えるタンパク質なんです。

しおれたレタスを50℃のお湯に浸けるとシャキシャキになるのはご存じでしょうか?

それと同じ現象が人間の体にも起きるのです!

 

私たちの体はあらゆる細胞やタンパク質で構成されていますが、

タンパク質は過度なストレスを受けると傷ついてしまい、

正常な働きができなくなってしまうそうです。

その傷ついたタンパク質を修復するのがヒートショックプロテインです。

別名「自己回復タンパク」とも呼ばれているそうで、

その名の通り、細胞を修復したり免疫力を高めてくれるので、

私たちの健康や美容にかかせないものなんです!

 

このヒートショックプロテインは体温が38℃まで上昇すると最も増加すると言われています。

ですので、入浴によってヒートショックプロテインを増やそうというのが

ヒートショックプロテイン(HSP)入浴法なのです!

 

ヒートショックプロテイン(HSP)入浴法の効果

Sponsored Link

 

では、ヒートショックプロテイン入浴を行うことで、どんな効果が得られるのでしょうか?

順番に見ていきましょう。

 

代謝が上がり、痩せやすい体に!

まずダイエットの基本である、代謝アップの効果があります。

体温が上がると基礎代謝量も増えますよね。

ヒートショックプロテイン入浴は、体温を38℃まで上昇させるので

代謝も上がり、脂肪を燃焼しやすい体にしてくれるんですね!

 

美肌効果

ヒートショックプロテインは、細胞を修復してくれるんでしたよね!

ということは、美肌にも効果が高いんです。

さらにヒートショックプロテインは、コラーゲンの減少を抑える働きがあると言われています。

そしてこの入浴法は汗もかなりかくので、

老廃物を排出することでも美肌には効果アリというわけです☆

 

免疫力アップ

体温が下がると免疫力も低下していき、血流も悪くなってしまいます。

ですから体温を上げるのは大切なことなんですね。

免疫機能は腸のあたりに集中しているので、体の芯から温めることで免疫力もアップ

風邪を引いたりしにくくなりますよ^^

 

疲労回復

細胞を修復してくれるヒートショックプロテインは、疲労回復にも効果的です。

激しい運動をした日などにはこの入浴法を行うと、筋肉痛も緩和してくれます。

また、しっかり体を温め汗をかくと、ストレスの解消にもなります!

 

 

ヒートショックプロテイン(HSP)入浴法の正しいやり方

 

さっそく今日からやってみたくなった人もいらっしゃるんじゃないでしょうか^^

しかし、ヒートショックプロテイン入浴法には、注意点もいくつかありますので

必ず正しい入浴法で行ってくださいね!

 

用意するもの

まずは以下のものを用意しましょう!

・舌下用体温計
体温がきちんと上昇しているか調べるために使用します。
入浴前に計り平熱を確認するのと、入浴中にも計ってください。

・常温のミネラルウォーター400~600ml
水分補給用の水ですが、冷たいと体温がすぐに下がってしまうので常温のものにしましょう。

 

正しい入浴方法


1. まずは体温を計り、平熱を確認。


2. 入浴前に水分補給。

常温のミネラルウォーター200~300mlを飲んでおきましょう。

いつもより多く汗をかきますので、脱水症状を防ぐためにしっかり水分補給してください!


3. 40~42℃のお湯に10~20分浸かる

浸かる温度と時間は以下のように目安があります。

  40℃ … 20分
  41℃ … 15分
  42℃ … 10分

熱いのが苦手な人は、40℃か41℃から始めてみてくださいね^^

 

●入浴中はお湯の温度が下がらないように、
浴槽のふたを顔が出る部分以外は閉めておくか、こまめに追い焚きをしてください。

●途中で体温を計り、38℃まで上がっているか確認しましょう!
もともと平熱が低い人は、なかなか38℃までいかないかもしれませんので
平熱+1.5℃になればOKです。

●途中でしんどくなったら一旦湯船から出て休憩してください。
トータルで10~20分の入浴時間になればOKですよ。
 
 
4. 体温が下がらないようにガウンやタオルケットなどで15分保温する。
 
入浴後はつい薄着で過ごしてしまいがちですが、ここで保温することで
 
ヒートショックプロテインが増えて安定するので体をすぐに冷やさないようにしましょう。

特に足先が冷えやすい人は靴下なども利用してください。

そして、水分補給も忘れずに!

常温の水を最低でも200~300mlは飲むようにしてください。

 
 

注意点

※心臓や体に疾患のある方は、必ず医師に相談してください。

※高齢者、体力のない方は無理をしないでください。

※冬場は浴室との温度差があるので、あらかじめ浴槽のふたを開けて温めておくか、

温水のシャワーを2~3分出して浴室を温めてください。

※水分補給はしっかり行ってください。

 

ヒートショックプロテイン入浴法は週2回でOK!

 

この入浴法でヒートショックプロテインを増やすと、

3~4日はヒートショックプロテインの量が維持できるそうです。

毎日行うとなるとちょっとしんどいですが、週2回であれば継続できそうですね!

また、しばらくこの入浴法を続けていけていると、耐性ができ

体温が上がりにくくなることがあります。

その場合は、2週間ヒートショックプロテイン入浴法をやめてみてください。

2週間たてば耐性も薄れてきますので、また体温が上がるようになってくるはずです。

 

さいごに

 

いかがでしたか?

注意点さえ守っていれば、入浴時間も短時間で済むので

忙しい人にこそおすすめの入浴法です♪

普段あまり汗をかかない人も、この入浴法だとかなり汗が出ますので

デトックスこうかもありますので、気になった人はぜひやってみてください☆

 

最後までお読みいただきありがとうございました^^

Sponsored Link

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

mecco

ニックネームはmecco(メッコ)といいます。 東京都在住の30代主婦です。子供はまだいません。 甘いものが大好き! 運動も苦手。。 でも今度こそスリムなカラダを手に入れたい! まずは食事内容を見直し、健康的に痩せることを目標にしています。