自律神経の乱れは太る原因だった?整える方法とは?

Sponsored Link

こんにちは!meccoです。

 

今日は自律神経と肥満の関係についてのお話です。

なんでも、自律神経の働きが乱れると太りやすくなるというのです!

「最近朝起きられない・・・」

「ちょっとしたことでイライラしてしまう」

「いつも体がだるい・・・」

こんな風に感じている人は必見ですよ!

 

そもそも自律神経ってなんなのか。

自律神経が乱れると太るのはなぜなのか。

調査してみましたのでご覧ください^^

 

 

自律神経ってなに?

まず、「自律神経とはなんなのか」

ここから見ていきましょう。

 

自律神経とは、自分の意思や意識で働かせることができない神経のこと。

対して、感覚や体の運動機能など、自分の意思が関わる神経を「体性神経」と言います。

自律神経は反射的、自動的に働くので「自律神経」と呼ばれているのです。

そして、自律神経は、内臓の動き、体温調節、代謝など

人が生命を維持する上で重要な働きを担っています。

 

交感神経と副交感神経

 

自律神経はさらに2つに分けられます。

交感神経副交感神経

みなさん聞いたことがあると思います。

それぞれを簡単に説明すると・・・

 

交感神経 活動しているとき、緊張しているとき、ストレスを感じているときに優位になる神経
副交感神経 眠っているとき、リラックスしているときに優位になる神経

 

これだけ見ると、副交感神経が優位の方が健康的のような気がしますが、

実はどちらも大切で、2つがバランス良く作用すること

健全な生命維持を行っていると言われています。

 

なぜ自律神経が乱れると太るの?

Sponsored Link

 

自律神経が乱れると、体に様々な不調が起こります。

頭痛、めまい、体のだるさ、不眠、肩こり、便秘、下痢など・・・

挙げていけばきりがないほど。

その中でも太る原因となるものを挙げていきます。

 

 

血流の悪化

血液の流れは、自律神経の働きによって行われています。

交感神経が血管を縮め、副交感神経が血管を広げているんです。

つまり、どちらかの働きが鈍ると血流も悪くなってしまいます。

血流の悪化は冷え性や代謝の低下を招き、ダイエットには禁物ですよね!

 

代謝の低下

自律神経が乱れると、体温をうまく上げることができなくなってしまいます。

体温が下がると、代謝も下がってしまうので痩せにくい体になってしまいますよね。

また、血流が悪くなることも、代謝の低下の原因のひとつです。

 
 

食欲の増加

自律神経の乱れは、食欲にも影響を与えてしまいます。

交感神経と副交感神経が、満腹感と食欲を感じる部分に影響を与えていると言われています。

やはりこちらもバランスが乱れると、「食べても食べても満足できない!」

なんて状態をまねくことも考えられるのです。

 

気持ちが落ち込む

自律神経が乱れると、様々な不調が現れることは先述した通りですが

そんな不調を抱えた状態では、心も元気がなくなってしまいますよね。

 

気持ちが沈むとダイエットのモチベーションも下がったり、

「もう今日はいいや」と投げ出してしまう可能性も。

心身ともに元気な状態でダイエットに挑みたいですよね!

 

 

自律神経を整える方法

 

さて、「自律神経が乱れているかも・・」と思ったあなたは

体が痩せにくい状態になっているかも・・・?

ぜひ下記のような方法で自律神経を整えてみてください!

 

腹式呼吸

人はストレスを感じたり、疲労を感じるとため息が出ますよね。

実はこれは体が本能的に行っていることなんです。

人はストレス状態だと呼吸が浅くなるのですが、大きく息を吐くと副交感神経が優位になるので

リラックス状態に導こうとしているんですね。

なので、深く息を吐くことを意識した腹式呼吸を意識して行うと、

自律神経の乱れに効果があると言われています!

 

3秒かけてお腹に空気を送るように大きく息を吸い、

6秒以上かけてゆっくりと息を吐く。

 

これだけなので、ストレスを感じた時や、気がついた時にやってみましょう^^

 

早寝早起き

不規則な生活をしていたり、睡眠時間が乱れていると、
 
自律神経の働きも乱れてしまいます!
 
できるだけ起きる時間と寝る時間は毎日決まった時間にするようにしましょう。
 
また、朝日を浴びるとセロトニンというホルモンが分泌され、
 
気持ちがリラックスし、前向きな気持ちになるそうなので
 
早寝早起きを心がけるといいですね!
 
 
 
 

軽い運動

運動をしている時は、交感神経が働きますが、

運動することにより、自律神経そのものの働きも高まるそうです。

体の深部の筋肉が動くことで、内臓の働きも高まり副交感神経も働きやすくなります!

ウォーキング、ジョギング、ストレッチやヨガなどを気持ちがいいと思える程度に行いましょう。

 

入浴法

普段仕事などでストレスを感じている人は、

入浴法で副交感神経を優位にすることもおすすめです。

 

38~40度のぬるめのお湯に15~20分程度入ればOK。

あまり長風呂にならないように注意してください。

寝る時間の1時間前に入浴が終了するようにすると、眠りにつきやすくなりますよ。

 

たくさん笑う

「笑う」ことはストレス発散につながりますよね!

自律神経の乱れはストレスが大きく影響しているので、ストレスを溜めないことがとても大切です。

家族や友達と笑いあったり、お笑い番組を見たりして「笑うこと」を意識してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、作り笑いでも効果があるという研究結果もあるそうです!

 
 
 

さいごに

 

私自身、起床時間がバラバラだったり、眠りが浅かったり、頭痛はしょっちゅう。

この記事を書いていて、自律神経を整えることの大切さを改めて感じました。

ストレスを溜めずに早寝早起きする生活が、心と体の健康には大切ですね!

最近体の不調やストレスを感じている人は、

まず自律神経を整えることから始めてみてはいかがでしょうか^^

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

Sponsored Link

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

mecco

ニックネームはmecco(メッコ)といいます。 東京都在住の30代主婦です。子供はまだいません。 甘いものが大好き! 運動も苦手。。 でも今度こそスリムなカラダを手に入れたい! まずは食事内容を見直し、健康的に痩せることを目標にしています。