夜ヨーグルトを食べるとダイエットになる?

Sponsored Link
こんにちは。meccoです。
 
今日は「夜ヨーグルトダイエット」について書いてみたいと思います!
 
 
ヨーグルトって、子供のころからなじみのある食べ物ですよね。
 
みなさんは毎日ヨーグルトを食べてますか?
 
「なんとなく、身体に良さそうだから食べている」
 
「便秘に効きそうだから食べている」
 
という方もいるかもしれませんね(^^)
 
 
そんなヨーグルトは夜食べると効果があがるとのこと!
 
どういうことなのか調べてみました。
 
 
 
 
 

ヨーグルトの健康効果

 

便秘改善

 
乳酸菌が悪玉菌を追い出し、腸内環境を整えてくれます。
 
腸内環境が整うことにより、便通が改善されます。
 
 

免疫力向上

 
腸内環境が整うと、腸内細菌が増え、その結果免疫力も向上するようです。
 
風邪を引きやすい方は是非取り入れたいですね!
 
 

コレステロール値を下げる

 
ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、コレステロールと結びつき、
 
お通じとして体外に排出する働きがあります。
 
これによってコレステロール値を下げてくれるんですね。
 
 

美肌効果

 
肌荒れの原因は、腸内から出ている毒素によるものであることも多いそうです。
 
乳酸菌や善玉菌が、腸内にいる悪玉菌の働きを抑えることにより、
 
悪玉菌が排出する毒素を減らしてくれます。
 
また、ヨーグルトにはカルシウム、ビタミン、アミノ酸など、
 
美肌にかかせない栄養素が多く含まれているのです!
 
 

骨を強くする

 
ヨーグルトのカルシウム吸収率は、牛乳を上回るって知っていましたか?
 
ヨーグルトに含まれるカルシウムが、乳酸とくっつくことで、
 
「乳酸カルシウム」という、腸から吸収されやすくなる栄養素に変化するためです。
 
カルシウムは意識しないとつい不足しがちになってしまうので
 
これはうれしい効果ですね!
 
 

精神面

 
「腸は第2の脳」って言葉、聞いたことありませんか?
 
人はストレスを感じると、腸内の悪玉菌が増加するということが
 
様々な実験により実証されているそうです。
 
うつ病患者の腸内細菌は悪玉菌が優位になっているとのこと!
 
腸内環境を整えることで、うつ病の改善にもなるそうです。
 
いかに腸内環境が大事なのかがわかりますね。
 
 
 
 

なぜ夜食べるのがいいの?

Sponsored Link
 
さて、いろいろな健康効果があるヨーグルトですが、
 
朝食に出てくるイメージが強いですよね?
 
しかし、夜食べるのが効果的なのです。
 
それはなぜかというと・・・ 
 
夜にヨーグルトを食べておくことで、
 
腸のゴールデンタイムと言われている夜22時~2時
 
ヨーグルトの効果を最大限に持続しておくことができるのです!
 
 
 

便秘解消に効果大!

 
腸のゴールデンタイムである22時~2時
 
腸の活動が最も活発になります。
善玉菌のエサである乳酸菌が、この時間に多くあることで
 
腸内環境が整い、便通も改善されるというわけです。
 
今まで朝にヨーグルトを食べていて、
 
便秘改善に効果がなかった人も、ぜひ夜に食べてみてください!
 
私も夜食べるようにしてから便通がよくなりましたよ♪
 
 

夜ヨーグルトダイエットのやり方

 
やり方は、夕食後にヨーグルトを食べるだけ!
 
量は100~200gほどで、寝る3時間前までには食べるようにしましょう。
 
 
また、水を大さじ1加えて、レンジで1分ほど加熱して
 
ホットヨーグルトにするのもいいですね!
 
温めたほうが栄養素の吸収もよくなり、腸を冷やさずに済むのでおすすめです。
 
 

まとめ

 
いかがでしたでしょうか?
 
便秘解消はダイエットの近道!毎日スッキリしたいですよね☆
 
今までなんとなく朝にヨーグルトを食べていた人は、
 
夜に変えるだけで効果がアップするのでぜひ試してみてください(*^^*)
 
ヨーグルトを食べる習慣がなかった人も
 
日々の習慣に取り入れてみてはいかがでしょうか?
 
 
 
 最後までお読みいただきありがとうございました^^
 
 
 
 
 
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

mecco

ニックネームはmecco(メッコ)といいます。 東京都在住の30代主婦です。子供はまだいません。 甘いものが大好き! 運動も苦手。。 でも今度こそスリムなカラダを手に入れたい! まずは食事内容を見直し、健康的に痩せることを目標にしています。