ダイエット中のおやつはナッツで決まり!その理由は?

Sponsored Link
こんにちは。meccoです。
 
最近芸能人やモデルの人たちが
 
「おやつにはナッツを食べている」
 
って聞いたことありませんか?
 
ナッツってカロリーも高くて太りそうだけど、
 
なぜダイエットにいいのか、さっそく調べてみました!
 
 
 
 
 

なぜナッツがダイエットにいいの?

 
調べてみると、ダイエットに効果的な理由がたくさんありました!
 
 

食物繊維が豊富

 
ナッツには不溶性食物繊維が豊富に含まれています。
 
不溶性食物繊維は、胃腸の水分を吸って膨らむことで
 
便のかさが増し、腸のぜん動運動が活発になり、便通を促進します。
 
 

ビタミンEが豊富

 
ビタミンの中で最も抗酸化作用が強いと言われているのがビタミンEです。
 
抗酸化作用が強いということは、
 
老化の原因となる活性酸素の働きを抑える力が強いということ。
 
アンチエイジング効果が期待できますね!
 
さらに、ビタミンEには血流をよくする効果もあるので
 
代謝を上げることもできるのです。
 
 

不飽和脂肪酸

 
ナッツに含まれる、オレイン酸やリノール酸は、不飽和脂肪酸と呼ばれるもので
 
脂肪の燃焼を助け、体内に脂肪を蓄積しにくくしてくれます。
 
また、 コレステロール値を下げてくれるので動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞など
 
血管系の病気を防ぐ効果もあります。
 
 

糖質が少ない

 
スナック菓子やクッキーなどのお菓子は糖質が高いですよね。
 
お菓子の生地や砂糖の糖質は、少しのつもりでも簡単にごはん1杯分になってしまったり。
 
その点ナッツは100gあたりの糖質量は15~18gと低いですし、
 
栄養もたっぷりです。
 
 

満腹中枢を刺激

 
ナッツを食べると、不思議と少量でも満足できることに気が付くと思います。
 
ナッツは固いため、よく噛んで食べるので満腹中枢を刺激してくれるんですね。
 
また、一緒に水を飲むとさらに満腹感を得ることができます!
 
 
 
 
 

どのぐらい食べてもいいの?

Sponsored Link
 
そんないいこと尽くしのナッツですが、
 
やはりカロリーは高めなので食べ過ぎないようにしてください。
 
目安は1日25g程度。
 
25gはどのくらいか、ナッツの種類で見てみると・・・
 
 
 アーモンド 23~25粒
 くるみ 7~9粒
 カシューナッツ 15~18粒
   マカダミアナッツ 12~14粒
 ピスタチオ(殻なし) 45~50粒
 
 
このぐらいが目安のようです。
 
一度に食べるのではなく、空腹を感じた時に3~4粒食べてみて
 
空腹感がおさまったら食べるのをやめるといいですよ。
 
またお腹が空いたら少しずつ食べてください☆
 
 
 

注意点

 

油で揚げていない、無塩のものを

 
市販されているおつまみ用のナッツは、塩分が多かったり、
 
一度油で揚げてあることがあります。
 
なにも添加されていない、素焼きのものを選びましょう!
 
 

ピーナッツはナッツじゃない!

実はピーナッツは「ナッツ」とついているから

間違えそうですが、ナッツ類ではなく、豆類です!

栄養素が変わってきますので注意してくださいね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

芸能人やモデルさんがこぞって食べているのもうなずけますね!

ナッツの値段が高いことがちょっとマイナスポイントでしょうか(^^;)

でも1日に食べる量はそんなに多くないのでやってみる価値はありますね☆

私も買いに行ってきます!笑

 

最後までお読みいただきありがとうございました^^

Sponsored Link

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

mecco

ニックネームはmecco(メッコ)といいます。 東京都在住の30代主婦です。子供はまだいません。 甘いものが大好き! 運動も苦手。。 でも今度こそスリムなカラダを手に入れたい! まずは食事内容を見直し、健康的に痩せることを目標にしています。