ダイエット中の食事はタンパク質を意識せよ!

Sponsored Link
こんにちは。meccoです。
 
みなさん、ダイエット中の食事って、どんなことを意識してとっていますか?
 
やっぱり一番気になるのはカロリーですよね!
 
でもカロリーばかりを気にした食事を続けて大丈夫なのでしょうか?
 
ちょっと調べてみました!
 
 
 
 
 

低カロリーだからといって野菜ばかり食べていてはダメ?

 
「ダイエットを始めるからお肉はなるべくガマン!」
 
「カロリーが低く栄養も多いから野菜をたくさん食べていれば問題なし!」
 
こんな風に考えたことはありませんか?
 
もちろん野菜中心の食生活は健康的ですばらしいことなんですが、
 
それでは私たちの身体に必要な栄養素である
 
「タンパク質」が不足してしまいがちになるのです。
 
では、タンパク質が不足すると身体にどんなことが起きるのでしょうか。
 
 
 

タンパク質の重要性

Sponsored Link
 
まず、私たちの身体は、約60%が水分、約20%がタンパク質でできています。
 
筋肉や皮膚、髪の毛、爪や臓器などはタンパク質によって作られているのです。
 
それだけでもいかに重要な栄養素かわかりますね。
 
 
タンパク質が不足すると、筋肉が減り、基礎代謝が落ちます。
 
基礎代謝が落ちるということは、脂肪が燃えにくい身体になってしまうということ!
 
思うように痩せにくくなってしまうんですね。
 
そして一番怖いのが「リバウンドしやすい身体になる」ということです!
 
筋肉量が減ることで、ダイエット前よりも脂肪が燃えにくい状態になっているので
 
普通の食事に戻していくとあっという間にリバウンドしてしまいます・・・
 
 
また、肌や髪の毛のハリ・ツヤがなくなってしまいます。
 
せっかく痩せたとしても肌や髪がボロボロでは台無しですよね。。
 
 

タンパク質が豊富な食材は?

 
では、タンパク質が豊富な食品ってなんでしょうか?
 
みなさん想像つくと思いますが、タンパク質が豊富に含まれているのは以下の食品です。
 
・肉
・魚
・卵
・大豆製品
・乳製品
 
これらの食品を意識して、日々の食事メニューに加えましょう!
 
ただし、脂質の摂りすぎは良くないので、
 
お肉だったら赤身肉など、脂肪分の少ないものを選んでくださいね。
 
 
 
 

どのくらいの量を食べればいいの?

 
では、1日にどれくらいの量のタンパク質を摂取すればよいのでしょうか?
 
目安としては、体重×1g を目標にすると良いようです。
 
体重50kgの人なら1日50gですね。
 
運動も取り入れている人はその2倍の量ぐらいに増やすといいみたいです。
 
 
でも毎食のタンパク質量を計算するのはなかなか大変なことですよね。
 
そこで目安にしたいのが、
 

1食につき「手のひら大」くらいの量です。

Sponsored Link
 
これなら簡単ですね!
 
これを目安に積極的にタンパク質をとるようにしてみましょう。
 
ちなみに野菜は「両手いっぱい」、炭水化物は「握りこぶし大」を目安がいいそうです。
 
 

まとめ

 
いかがでしたでしょうか。
 
意識していないとけっこうタンパク質ってとれていないものなんですよね(^^;)
 
私もゆで卵を1日3個食べたりしてタンパク質量を補っています。
 
腹持ちも良くておすすめですよ♪
 
 
 
最後までお読みいただきありがとうございました^^
 
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

mecco

ニックネームはmecco(メッコ)といいます。 東京都在住の30代主婦です。子供はまだいません。 甘いものが大好き! 運動も苦手。。 でも今度こそスリムなカラダを手に入れたい! まずは食事内容を見直し、健康的に痩せることを目標にしています。