サチャインチオイルって?オメガ3を効率よくとれる!食べ方やレシピも紹介

Sponsored Link

こんにちは!meccoです。

2017年4月17日放送の「主治医が見つかる診療所」はみなさんご覧になりましたか?

そこで紹介されていた体にいいスーパーオイル、「サチャインチオイル」!

みなさん聞いたことありますか? 私は初めて聞きました。

今なにかと話題のオメガ3のオイルなのですが、オメガ3の弱点を克服した最強のオイルとして注目されているんだそうです!

気になる情報をまとめてみましたのでご覧ください☆

 

オメガ3脂肪酸が含まれるオイルと言えば?

 

オメガ3脂肪酸は血中のコレステロール値を下げてくれたり、血流の流れを良くしてくれる効果があります。

私たちの体を若々しく、健康に保つためには欠かせないものなんです^^

参考:オメガ3脂肪酸をとると痩せる?どんな食材に含まれているの?

 

しかし、オメガ3脂肪酸は体内で生成することができないので、意識して食事から摂る必要があります

オメガ3脂肪酸が含まれる代表的なオイルと言えば、えごま油亜麻仁油が有名ですね。

しかし味に少しクセがあり苦手な人もいるようです。

さらに、えごま油や亜麻仁油に含まれるオメガ3脂肪酸は、熱に弱く長時間加熱すると酸化し壊れてしまうことが弱点なのです。

その弱点を克服したのがサチャインチオイルなんです!

 

サチャインチオイルってなに?

Sponsored Link

サチャインチオイルの原料は、南米アマゾン原産の「サチャインチナッツ」という木の実です。

このような星形の実をつけるそうです!かわいいですね^^

別名インカインチオイル、グリーンナッツオイルとも呼ばれるそうです。

サチャインチオイルの脂肪酸のうち、約50%以上がオメガ3脂肪酸。

オメガ3脂肪酸の弱点である加熱による影響ですが、サチャインチオイルに含まれているオメガ3脂肪酸は、180℃程度までの加熱に耐えられるというのです!

上のグラフで見ると、サチャインチオイルは加熱してもオメガ3の含有量がほとんど変わっていないのが分かりますね。

サラッとしていて味にクセもないので、そのままでも飲めるそうですよ^^

 

サチャインチオイルのおすすめの食べ方とレシピ

サチャインチオイルは1日小さじ1杯程度で必要なオメガ3脂肪酸を摂取できるので、そのままスプーンにとって飲んでもOKです!

他にも番組で紹介されていたおすすめの食べ方を紹介しておきますね。

そのまま納豆にかける

番組に出演している秋津医師おすすめの食べ方は、納豆に醤油の代わりにかけ、かき混ぜずに食べること!

秋津医師は納豆が苦手なんだそうですが、こうするとにおいとねばつきが抑えられて食べられるとおっしゃっていました。

レンコンとにんじんのきんぴら

<材料>

サチャインチオイル
レンコン
にんじん
醤油
みりん

唐辛子
白ごま

※分量は記載がありませんでした(>_<)

①レンコンとにんじんはうす切りにしておく。

②フライパンにサチャインチオイルを入れ、レンコンとにんじんを炒める。
 シャキシャキした食感を残すため、炒めすぎに注意!

③7割くらい火が通ったら、醤油・みりん・酢を加えて混ぜる。

④仕上げに唐辛子・白ごまをふったら完成!

鮭と野菜の味噌ホイル焼き

<材料>

サチャインチオイル
味噌
みりん

お好みの野菜

 

①味噌・みりん・サチャインチオイルを合わせて混ぜる。
 味噌が固めの場合はサチャインチオイルを多めに。

②アルミホイルの上に鮭をのせ、先ほどの味噌をたっぷり塗る。

③その上にお好み野菜をのせ、アルミホイルを包む。

④魚焼きグリルでおよそ8分加熱すれば完成!

 

まとめ

いかがでしたか?

まだまだなじみのないサチャインチオイルですが、「そのまま飲んでもOK、料理にも使える!」ということで人気を呼びそうですね!

ネット通販で値段を見てみたところ、だいたい250mlで2500円くらいでした。

ちょっとお高い気もしますが、1日小さじ1杯でOKなのでそう思うとそんなには高くないかもしれません。

みなさんもオメガ3をとる習慣、始めてみませんか?

 

最後までお読みいただきありがとうございました^^

この記事が気に入ったら「いいね!」していただけると励みになります☆

Sponsored Link

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

mecco

ニックネームはmecco(メッコ)といいます。 東京都在住の30代主婦です。子供はまだいません。 甘いものが大好き! 運動も苦手。。 でも今度こそスリムなカラダを手に入れたい! まずは食事内容を見直し、健康的に痩せることを目標にしています。