白湯で体を温めよう!うれしいダイエット効果も!

Sponsored Link

こんにちは!meccoです。

みなさん「白湯」って飲んでますか?
 
 

身体の冷えは代謝が悪くなってしまうのでダイエットの敵!

でも、手足ならまだしも、内臓の冷えは自覚しにくいですよね。

飲み会なんかに行くと、ビールなどつい冷たい飲み物ばかり飲んでいませんか?
 
 

そこで手軽にできる「白湯ダイエット」を紹介します。

芸能人やモデルさんも実践している人が多いようなので期待大ですね!

 

 
 

そもそも白湯とは?

 

白湯とは、一度沸騰させたお湯を飲める温度まで冷ましたもののこと。

インドの伝統医学であるアーユルヴェーダでは
 

白湯を飲むことが健康や美容につながると古くから言われているようです。

 
 

白湯ってどんな効果があるの?

Sponsored Link
 
では、白湯を飲むことによって、どんな効果を得られるのでしょうか?
 
 

代謝がよくなる

白湯を飲むことで内臓が温められ、血行がよくなります。

血行がよくなると、代謝もよくなり、脂肪が燃えやすい身体になります。

ダイエット効果が期待できそうですね。

また、血行がよくなるので、冷え性にも効果的です!

 

 

内臓の疲労を回復

普段から食べ過ぎ、飲み過ぎの食生活をしていると、

自分では気づかなくても内臓はとても疲れています。

冷たいものを好んで飲んだりしている場合はなおさらですね。

内臓を温めることで、疲れている内臓の動きを助けることができます。

 
 

デトックス作用

冷たい水は体に水分を溜め込んでしまいますが、

白湯は利尿作用があるため、尿と一緒に老廃物を流してくれます。

内臓が温められると、胃腸の動きが活発になり消化機能もアップ!

便秘の解消にも効果的です。

 
  

白湯はどうやってつくるの?

作り方は簡単!

  1. やかんか鍋に水を入れ火にかけ、沸騰させる

   2. 蓋を開けたまま10分ほど沸騰させ続ける

   3. 50℃~60℃になるまで冷ます

 
一応これが正式な作り方のようですが、
 
10分沸騰させ続けるのってガス代とか気になりますよね(^^;)
 
沸騰させる時間は2,3分でも効果は変わらないようなので私はそうしてます。
 
電気ポットや電子レンジでもいいみたいです!
 
 

いつ飲めばいいの?飲む量は?

白湯を飲むタイミング

白湯の効果を一番発揮できるのが、朝一番に飲むことです。

コップ1杯をゆっくりと10分~15分かけて飲みましょう。

朝飲むことで、休んでいた胃腸が活発に動き始めてくれます。

血行が良くなって、代謝もあがりますので

その日1日脂肪が燃えやすくなります。

寝ている間に失われた水分補給にもなりますね。

 
 

一日に飲む量

いいことづくしの白湯ですが、一日にあまりたくさん飲むと

体に必要な成分や要素まで体外に流してしまうため

一日800ml程度までに抑えておきましょう。

朝、白湯を作るときに一日分作って、ポットで保温しておくのもいいですね。

 

まとめ

いかがでしたか?ちょっとやってみたくなりましたか?

お金もかからず、良い効果ばかりなので

ダイエット中の方じゃなくても取り入れたい習慣の1つだと思います!

私も飲み始めていますが、朝から身体が温まっていい感じです♪

ぜひみなさんもやってみてくださいね(*^-^*)

 

最後までお読みいただきありがとうございました^^

Sponsored Link

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

mecco

ニックネームはmecco(メッコ)といいます。 東京都在住の30代主婦です。子供はまだいません。 甘いものが大好き! 運動も苦手。。 でも今度こそスリムなカラダを手に入れたい! まずは食事内容を見直し、健康的に痩せることを目標にしています。