豆乳ダイエットは生理前が効果的!

Sponsored Link

こんにちは。meccoです。

「豆乳を飲むと痩せる」って聞いたことありませんか?

これには秘密があって、どうやら生理前に飲むと

よりいっそう効果があがるようなんです。

「でも生理前って痩せにくい時期じゃないの?」
 

そう思い調べてみました!

 
 
 
 

生理と停滞期・痩せ期の関係

 

まず、生理の前後で身体はどんな変化をするのでしょうか?

 

生理前の食欲増加

 

「生理前になると食欲がとまらない!」

女性なら経験したことがある人が多いのではないでしょうか?
 

その原因は、黄体ホルモンである「プロゲステロン」という

女性ホルモンの分泌が多くなることで

心身ともに不安定になってしまい、ストレスがたまりやすくなり、

それゆえ食欲も増加してしまうのです。
 

また、この黄体ホルモンは生理や妊娠に備えるため、

栄養を身体に蓄えようとする働きがあります。
 

なので、生理前になると順調に落ちていた体重が減りにくくなり、

停滞期に入ってしまうのはある程度仕方のないことなんです。
 
 
 

じゃあ痩せ期ってなに?

 

反対に、痩せ期とは生理後約1週間のことで、

この時期は「エストロゲン」というホルモンの働きが活発になります。

エストロゲンは、女性らしい身体を作る働きをもっており、

脂肪の蓄積をおさえ、代謝をあげる働きがあるそうです!

余分な水分も排出され、脂肪も燃焼しやすくなるので

この時期にダイエットを集中的に取り組むと効果があがりそうですね。

 
 
 

どうして生理前に豆乳を飲むといいの?

Sponsored Link
 

では、なぜ痩せにくい生理前に豆乳を飲むとダイエットに効果的なのか。

生理前の時期は、先ほども書いたように身体は「ためこむ」時期です。
 

そのためこもうとする働きを抑えるのが

豆乳に含まれるイソフラボンサポニンなのです。
 

ためこもうとする栄養や水分を、豆乳がブロックするといった感じでしょうか。

生理前にプラスとなってしまう分をゼロにできれば、
 

生理後の痩せ期で自然に体重が落ちていきます。

なので、生理前の停滞期に豆乳を飲んでおけば、
 

生理後に痩せることができるというわけですね!

豆乳を飲むことで、食欲も抑えられるので暴飲暴食も防げます。
 
 

じゃあどのぐらい飲めばいいの?

 

では具体的なやり方はというと・・・

生理前の約1週間~10日、豆乳を毎日200ml飲む!
 

これだけです!

ただし、飲み過ぎには注意してください。
 

イソフラボンの摂りすぎはあまりよくないようなので

1日200mlの量は守ってくださいね。
 

豆乳の種類ですが、できれば添加物など入っていない

無調整豆乳が望ましいですが、味が苦手な人は調整豆乳でもOKです。
 

よく小さいパックでいろいろな味の豆乳飲料が出ていますが

そちらは効果が薄いようなので避けてください。
 
 

豆乳の味が苦手な人は、バナナと一緒にミキサーにかけて飲むのもおすすめです☆

バナナの食物繊維で便秘解消にも効果的ですね!
 
 

まとめ

 

いかがでしたか?

生理前の1週間豆乳を飲むだけなので、
 
次の生理が来る前にぜひやってみてください!
 

おなかを冷やさないようにホットで飲むのが私のお気に入りです♪

 

生理って煩わしいものですが、ホルモンバランスの影響をうまく利用して

ダイエットに役立てたいですね^^
 
 

最後までお読みいただきありがとうございました。

Sponsored Link
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

mecco

ニックネームはmecco(メッコ)といいます。 東京都在住の30代主婦です。子供はまだいません。 甘いものが大好き! 運動も苦手。。 でも今度こそスリムなカラダを手に入れたい! まずは食事内容を見直し、健康的に痩せることを目標にしています。