塩抜きダイエットが簡単なのに効果大!3日間で3kg痩せる?

Sponsored Link

こんにちは!meccoです。

みなさん「塩抜きダイエット」ってご存知ですか?
堀北真希さん、山下智久さん、チャン・グンソクさんなどの有名人も実践したことで話題になった、その名の通り、食事から塩分を抜くというダイエット法です。

期間は3日間だけで、平均して2~3kg痩せられるとのこと!

これは気になりますよね!
なぜ塩分を抜いて痩せるのか、やり方はどうやってやるのか?
まとめてみましたのでご覧ください^^

 

 

日本人は塩分を摂りすぎている!

 

みなさんは自分がどれくらい塩分をとっているか知っていますか?
パッと答えられる人はあまりいないんじゃないかと思います。

厚生労働省が2016年11月に発表した報告によると、日本人の1日の塩分摂取量の平均は

  男性…11.0g  女性…9.2g

    引用:厚生労働省 平成27年「国民健康・栄養調査」の結果

なんですが…、厚生労働省が定める1日あたりの塩分摂取量目標値は

  男性8g  女性…7g

と目標値とは差があることがわかります。

しかも、WHO世界保健機関が定めている目標値は1日5gなので、日本人はその倍近くも塩分を摂取しているのです!

和食は塩の他にも、醤油や味噌を使った塩分の多い料理が多いので、このような高い数値になってしまうんですね。
特に外食やスーパーのお惣菜、コンビニのお弁当などを食べることが多い人や、スナック菓子やカップラーメンなどを食べる習慣のある人は、塩分を摂りすぎている可能性が高いです。

 

どうして塩分を抜くと痩せるの?

Sponsored Link

 

では、塩分ダイエットにどういう関係があるのか見ていきましょう!

 

余分な水分が排出され、体重が減る

人間の体は塩分濃度を一定の状態に保とうとする働きがあるため、塩分を摂りすぎた状態になると、水分を多く体内にため込もうとします。いわゆるむくんだ状態ですね。
本来は排出されるべき水分が体内にとどまるので、その分体重が増えることになります。
カロリーが低いものを食べていても、塩分が高いものばかりだと体重はなかなか減らないのです。

そこで、塩分を抜くことでたまった余分な水分が排出され、体重も減りサイズもダウンできるのです!

口コミを調査してみましたが、平均して2~3kgは落ちているようなので、いかに水分をためこんでいるかわかりますね(^^;)

特に「夕方になると足がパンパンになる」「朝の顔のむくみがひどい…」という人には塩抜きダイエットはぜひやってみてほしいです^^

 

代謝がアップする

実は余分な塩分は、代謝を下げる原因にもなるのです。
むくんだ状態は、細胞内に水分がとどまり、血液やリンパの流れも妨げてしまいます。
血流やリンパの流れが良くないと代謝も落ちてしまい、老廃物や脂肪がどんどんたまりやすくなってしまうのです(;´Д`)
セルライトも代謝が悪いことが原因でできるそうなので、できるだけ代謝は上げておきたいですよね!

 

食欲を抑える

味の濃い(塩分が高い)ものを食べると、脳から「もっと水分や食べ物をとって、体内の塩分濃度を薄めよ!」という指令が出され、消化液の分泌が活性化されるそうです。
そうすると食欲が増進されてしまい、食べ過ぎの原因となるんですね。
ですから塩分を控えることで、食欲も抑えられるというわけです。

 

塩抜きダイエットのやり方は?

 

食事から塩分をとらない

とにかく塩分をとらないように気を付けてください。外食や加工食品はほぼNGになると思います。
自炊する場合も、使用できる調味料は限られてきます。

 NG調味料

 塩醤油味噌ソースケチャップポン酢ドレッシング類マヨネーズ、コンソメなどなど
 塩が含まれているものはNGです!

 

 OK調味料

 酢、こしょう、レモン汁、オリーブオイル、にんにく、生姜、唐辛子、カレー粉、スパイス類、ハーブ類など。
 だし汁もOKです!

 

最初は味が薄く感じますが、慣れると素材の味も感じられ、おいしくいただけるようです^^
スパイス類はバリエーションも豊富なので使えそうですね。

 

水をたくさん飲む

水をたくさん飲むことで、余分な塩分の排出を助けてくれます。
便通も改善されたり、代謝も上げてくれるので、水は1日1.5~2リットルを目安に飲みましょう!

 

カリウムが含まれる食品を食べる

カリウムは体内にたまった余分な水分の排出を促す働きがあるので、カリウムが多く含まれた食品をとることで、さらに効果があがります。

カリウムが多く含まれる食材は…
バナナ、りんご、アボカド、ほうれん草、きゅうり、カボチャ、さつまいも、ひじき、納豆、肉類、魚類など。

これらをうまく食事に取り入れていきましょう!

 

期間は必ず3日間まで!

塩抜きダイエットで重要な注意点は、期間は必ず3日間までにすること!
摂りすぎは体に悪いですが、塩分は生命の維持に必要なものです。

あくまでも一時的に塩分を抜くだけで、ずっとこれを続けると、体に深刻な影響が出る恐れがあります。
3日たたなくても、めまいやふらつきなど、身体に異常を感じたらすぐにやめるようにしてください。
特に夏場は熱中症のリスクが高まりますので、注意して行いましょう。

 

終了後も減塩を意識した生活を

3日間の塩抜きダイエットが終了したらいつもの食事に戻してもいいのですが、味覚は今までよりも少ない塩分量でも塩気を感じるようになっているはずです。
このまま減塩を意識した食生活を送ることで、リバウンドも防ぐことができますよ^^

しばらくしてまたむくみやすくなってきたと感じたら、定期的に塩抜きをしてみることをおすすめします!
月に1回でもやっておくと、むくみにくい身体を維持できると思います。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

塩抜きダイエットは3日間集中型のダイエットです。
しかし塩分をとらなければ食べるものに特に制限はないので、断食などの短期間ダイエットに比べると比較的楽なのではないかなーと思います。
土日などをうまく利用してみなさんもぜひやってみてはいかがでしょうか?

 

最後までお読みいただきありがとうございました^^

Sponsored Link

 


3 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    mecco

    ニックネームはmecco(メッコ)といいます。 東京都在住の30代主婦です。子供はまだいません。 甘いものが大好き! 運動も苦手。。 でも今度こそスリムなカラダを手に入れたい! まずは食事内容を見直し、健康的に痩せることを目標にしています。